強羅でにごり湯の温泉に行こうと計画中!

未分類

1月は関東地方でも大雪が降ったので、箱根まで足を運ぶのがどうしても躊躇していました。

まぁ、雪国の方からしたら、大したことないんだろうけど、首都圏って雪に弱いので・・・。

というのは、毎年1、2月はどこかの温泉地に行くことにしているんです。去年は、東伊豆のいさり火って温泉に行きました。

で、今年はまえまえから箱根の強羅に行こうと決めていたんです。ようやく雪も溶けたので、今度強羅でにごり湯の楽しめる温泉宿に行こうと計画しています。

実は強羅はあまり行ったことがなくて。。。そこで、スマホで検索し、<強羅 にごり湯の宿>を参考にさせてもらいました。

気になっているのが2つの宿で、のうのう館と桐谷箱根荘です。

口コミとかを見ると「のうのう館」の方は、やはり、にごり湯を楽しみに宿泊している人が多いみたいでした。露天風呂付きの部屋もあるんですよね。お部屋でのんびりとにごり湯の露天風呂に入りながらっていうのはいいなぁと思います。

ここのにごり湯は、肌がスベスベになるようで、口コミでもお肌がすべすべになるっていうのが多かったです。
夕食もかなり豪勢な感じでした。足柄牛のステーキとか美味しそうです。

ちなみに、ここのにごり湯は白濁硫黄泉のようです。

それと桐谷箱根荘については、こちらの温泉のお湯がすごくいいみたいです。硫黄泉なので本当にお肌がツルツルすべすべになるようです。(^O^)

口コミでも定評がある感じです。にごり湯の質がかなり高い感じです。源泉掛け流しで、無料の貸切家族風呂、貸切露天風呂、足湯もあり、すべてにごり湯なのはうれしいですよね。

ってことでこの2つの宿のどちらかにしようと思っています。友達のマミと相談して決めたいと思います。

強羅なので、田むら銀カツで豆腐カツ御膳も食べたいです♪

楽しみです。

にごり湯の魅力

未分類

にごり湯の魅力ってなんだろうって思ったときに、

やはり、見た目だと思います。
理想は一面銀世界の中でごり湯の露天風呂に浸かるというのがいいと思います。顔は寒いけど、体はぽっかぽかになっているっていうのが最高ですよね。

想像するだけでうれしくなります。
そもそも温泉って、白くにごっているのがいいと思いませんか?

たしかにお湯は透明ですけど、それが白とか黒っぽかったりと濁っているというのは、それだけで雰囲気があります。

あと、匂いですよね。温泉に到着して、すぐにわかる独特の匂い。
温泉だぁ~って思います。

 

にごり湯って、そもそも湧いて出てきたときは、無色透明なんですよ。で、それが地表に湧き出て、気圧や温泉成分が酸化するなどによって、もともとの成分が変わり、結果的に色がつくことでできたものです。

なので、色によっても効能が違ったりします。乳白色のにごり湯は、硫黄成分が酸化してできる湯の花により色がついたものです。

主な効能は、神経痛とか、美肌効果とかなんですよね。

また、国見温泉の有名な緑色のにごり湯は、藻の色です。藻が光合成して緑色の湯になるんですよね。

そんなふうににごり湯を楽しめますよ。

で、わたしは今度箱根に温泉に行きたいと思っているんですよ。
にごり湯のあるところを探そうと思っています。

にごり湯が大好きです。

未分類

ルミです!

もうすぐ31歳になる、独身・・・OLです。今年こそは結婚したいけど(^_^;)

ちょっと焦ってはいるけど、私の趣味は温泉です。
憧れの温泉の風景って、雪化粧に囲まれながら、にごり湯に入るっていうのが私の理想です。

やっっぱり、温泉って、白く濁っている方がなんとなく風情がありますよね。
感覚的なものですけどね。

でも、白いお湯って、なんかいいです。それと硫黄の匂いもまさに温泉って感じですしね。
だから、私はいわゆるにごり湯の温泉が大好きなんです。

ところで、にごり湯って、硫黄が入っているために濁るわけですけど、たまたま代表的なにごり湯が白濁湯ってわけで、実はにごり湯って白だけじゃありません。

温泉の色って、温泉に含まれている成分で違うんですよね。

だから、にごり湯の色を見て、どんな成分が入っているお湯なのかなって考えるのも好きだし、どんな効能があるのかっていうのも興味があります。

で、じゃあ、どんな色のにごり湯があるかていうと、

まず、白色ですよね。これは硫黄などが含まれています。(当然ですけど)、あと青白色もあります。この場合ケイ素などが含まれているんです。
他にも、緑色(硫黄、炭酸カルシウムとか)、赤茶色(鉄ですね)、黒色(モールなどが多いです。)、灰色(わずかな硫黄)といった感じです。

面白いでしょう?

それに、温泉の湯の色も、ずっと同じ色というわけでもないんです。

つまり、天候や気温とかで変わってきたりするお湯もあります。
だから、朝と夜みたいに、入浴時間を変えてみると、また別の温泉に入っている気になりますよ。

ちなみに、温泉の湯は、地下から湧きあがった瞬間は無色透明です。けど空気に触れ、時間が経つと酸化したりして、色がつくわけです。

そんな温泉って不思議だけど、ステキですよね。