にごり湯が大好きです。

未分類

ルミです!

もうすぐ31歳になる、独身・・・OLです。今年こそは結婚したいけど(^_^;)

ちょっと焦ってはいるけど、私の趣味は温泉です。
憧れの温泉の風景って、雪化粧に囲まれながら、にごり湯に入るっていうのが私の理想です。

やっっぱり、温泉って、白く濁っている方がなんとなく風情がありますよね。
感覚的なものですけどね。

でも、白いお湯って、なんかいいです。それと硫黄の匂いもまさに温泉って感じですしね。
だから、私はいわゆるにごり湯の温泉が大好きなんです。

ところで、にごり湯って、硫黄が入っているために濁るわけですけど、たまたま代表的なにごり湯が白濁湯ってわけで、実はにごり湯って白だけじゃありません。

温泉の色って、温泉に含まれている成分で違うんですよね。

だから、にごり湯の色を見て、どんな成分が入っているお湯なのかなって考えるのも好きだし、どんな効能があるのかっていうのも興味があります。

で、じゃあ、どんな色のにごり湯があるかていうと、

まず、白色ですよね。これは硫黄などが含まれています。(当然ですけど)、あと青白色もあります。この場合ケイ素などが含まれているんです。
他にも、緑色(硫黄、炭酸カルシウムとか)、赤茶色(鉄ですね)、黒色(モールなどが多いです。)、灰色(わずかな硫黄)といった感じです。

面白いでしょう?

それに、温泉の湯の色も、ずっと同じ色というわけでもないんです。

つまり、天候や気温とかで変わってきたりするお湯もあります。
だから、朝と夜みたいに、入浴時間を変えてみると、また別の温泉に入っている気になりますよ。

ちなみに、温泉の湯は、地下から湧きあがった瞬間は無色透明です。けど空気に触れ、時間が経つと酸化したりして、色がつくわけです。

そんな温泉って不思議だけど、ステキですよね。